FC2ブログ

誰も助けてくれない、でも!



今日は文章の形でお送りします。
長くなりますが、それでも構わない方はぜひ読んでみてください。


このブログの説明欄で、私はかなり偉そうなことを書いています。
「導き出した癒しや幸せのコツ」を、みたいなことを。


でも実際には、悩みもがいていたのは過去だけの話じゃなく、
現在進行形であり、コツをつかみかけたり、また落としちゃったり。
悟ったレベルの人間では全然ないんです。


それでもある程度、長い間生きて来たし、ましてやAC自覚のある今、
なんとなく自分なりにわかったことはあります。




(c) .foto project




その一つが、ちょっと一見救いのないことを書きますが、

本当に困った時でも、具体的な手段で助けてくれる人はいない

ってことです。


たとえば、あなたにAさんという親友がいるとします。
そのAさんが非常に危うい状態にいたとして
かといって、まだそれが起こったわけではない状態だとして、

あなたはAさんを救えますか?


あなたに家庭があり、家庭の事情でいろいろあり、
忙しくて、助けてほしいのはこっち くらいの時に


Aさんのところに赴いて、手取り足取り、一から十まで
助けてあげることできますか?


自分の家に連れていって守ってあげたり、
落ち着くまで世話してあげたり、できるでしょうか?


普通の人はできませんよね。
せいぜい、メールとかLINEとか、電話で話したりとか
うまくいくよう祈ってるよ 
とか、それくらいしかできないですよね。


ドラマや映画みたいに、なぜか主人公がビックリするような方法で
救われて、ハッピーエンドなんてないですよね。


私の場合、過去に、大きな事件があって

具体的にここに書けないけど、
本当にその関係者に殺められてもおかしくない状態の時が
ありました。


自分でも現実と思えないほど、すさまじい状況がありました。
でも、誰にも助けられませんでした。


あるきっかけでそこから抜け出すことはできましたが、
あくまで偶然が重なったためで、


誰かがスーパーマンのように助け出してくれたわけでは
ありませんでした。


これが現実だと思うんです。

辛くても、辛くても、

助けだしてくれる人は皆無、誰もいない
のが現実だと。


それでも、絶望するのはまだ早いです。

助けられなくても、ヒント程度はあちこちにあって、
本人が気づくか気づかないかで、だいぶ変わってくると思うんです。


悲しいかな、自分で自分を救うしかないけれど、
ヒントとか、きっかけとか、何らかの方法で
示されてることも少なくない 
と思います。

というか、ほんとにそうです。


ただあまりにも絶望感が強くて、
すべて拒否する姿勢だと、
せっかくのヒントも見えなくなっちゃいます。


そうすると、ますます闇に入りこんでいって、
どうしようもなくなっちゃうんですね。


ヒントは必ずしもドンピシャじゃないと思いますし、
暗示的だったり、一理あるけど全体的には参考にならない
くらいだったりでしょうけど、


それでもヒントはヒント。
地獄から抜け出せるヒントはわりといろんなところに
転がっている 
と思います。


私も、あの地獄から、少しのヒントと偶然の幸運さから
抜け出せましたが、今は今で別の件で
またまた悩んでる身です。


だから、全然大したことないんですが、
少しでも参考になったらいいな、
どうか絶望しないで欲しいな と思いながら、
だらだら、書きまくってしまいました。


長時間、お読みくださり、ありがとうございました。


最後にまとめを書いときますね。


誰も助けてくれない!けど
救いとなるヒントは意外とあるから
どうか絶望しないでください。




よかったら応援お願いします
(こちら↓の長方形バナーをクリックすることで一票入るようになっています)





関連記事
テーマ : 幸せになれる言葉
ジャンル : 心と身体

Tag:アダルトチルドレンからのメッセージ  Trackback:0 

今日の訪問者数
このブログに投票☆
月別アーカイブ
プロフィール

Luchia

Author:Luchia

東京在住のAC(アダルトチルドレン)

著作権は放棄していません。 無断転載・無断転用はご遠慮ください

FC2ブログへようこそ!

ドロップダウン リンク
クリック募金
クリックで救える命がある。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

状況によってはお返事できない場合もあります。 ご理解の程お願いいたします
RSSフィード
QRコード
QR