あの人はどうして幸せじゃないのか?



こんにちは。
本日もお話をしてみたいと思います。
よろしくお願いします。


昔、Aさんという知人がいたんですが
この人のことで思い浮かぶのは


私はなぜ幸せになれないんだろう? とか
皆しあわせそうなのに、なんで私だけ・・・
みたいな愚痴をよく言ってたなと思います。


そこでこの際、考えてみました。
なぜAさんは幸せじゃなかったのか?




(c) .foto project




Aさんは当時20代でした。
ごく普通のOLさんで
一人暮らしをしていました。


首都圏に実家がありましたけど
本人の意志で一人で暮らしていました。


恋をすることもあったけど
当時は相手がいなくて、その代わり休暇の日には旅行したり
友達と食事に行ったり習い事をしていました。


ここまで振り返ってみると
本人が幸せじゃないと愚痴る理由も
見当たりません。


でもAさんは友達にも、同僚にも
自分は不幸、ついてないと
常に言っていました。


じゃあなぜそう思うのか?と言ったら
恋に失敗したこと、学歴がイマイチなこと、
実家の家族とうまくいってないこと、
などを挙げていました。


結局、愚痴がどんどんひどくなり
しまいには体調が悪くなって医者通いが始まり
最終的には完全にダウンしてしまいました。


心配した友人達が次々に
彼女の自宅を訪れましたが

あまりにも

「あなたはいいわよね。
私なんか」と言い続けるので
皆、嫌になって来なくなりました。


Aさんが愚痴っていたことを
振り返ってみましょう。


恋に失敗 というのはほとんどの人が
経験ありますよね。
彼女に限ったことではありません。


学歴うんぬんというのも、
そんなに気に入らないなら、


働きながら通信制の大学に行くことだって
当時の彼女にはできたんです。
でも愚痴るだけでやらなかった。


家族とうまくいかないのは人それぞれ事情があると
思うので一概に言えませんが、意外とよくある話
ですよね。


逆に優雅に一人暮らしができていたのだから、
家族に縛られなくてラッキー、好きなことできてラッキーとも
考えられますよね。


Aさんが幸せじゃなかった理由は

彼女がそう決めていたから だと思うのです。


誰にじゃまされることもなく、
自立して旅行に行ったり趣味をしたり
不自由なく暮らしていたわけで・・・


自ら
不幸というシールをペタンと自分自身に張り付けて
それを剥そうとせず


私は不幸だと言い続けた結果が現れただけのこと
ではないかなと思うのですが・・・


彼女の場合で言えば

自分が不幸だと決めつけた
不幸だと思える部分だけ強調していた
幸せな部分については考えず感謝の気持ちも持たなかった

このようなことじゃないでしょうか。


誰でも、自分が一番つらいんだ、と思ってしまう傾向は
あると思います。


また、よその人は幸せそうに見える というのも
あると思います。


それは置いといて、

今の環境の中で
感謝できるところはありませんか?



まずはそっちに目を向けてみませんか?
愚痴もOKですが、たまに言ってすっきりしたら
それ以上掘り起こさないで。


ということで、
少しでも何かの参考になれば嬉しいです。


偉そうに言っちゃいましたけど、
人って愚痴りたくなるものなんですけどね。


Aさんのように重症化しない程度に
収めときましょうね。



気にいってくれたら
ポチっとお願いいたします(*^^)v
   

人気ブログランキングへ



関連記事

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)