心を込めればわかってもらえる?



こんにちは。
今日もしばしの間、お話におつきあいください。


よく、話せばわかる なんてこと言いますよね。
本当にそうでしょうか?
誰でも、でしょうか?


たとえば少し相手が誤解してるようなので
わかって欲しくてメールしたとします。


そうじゃないんだよ、ほんとはこうなんだよ
と言うことを、どうにかして伝えたいと思い


文章力には自信なくても、
心を込めて一生懸命書こうと思い立ち
メールします。


そうすることでもちろん
わかってくれる人もいるでしょう。
かなりの割合で。


でも残念なことに
どんなに心を込めて説明しても
最後までわからない人
もいるのです。


確実にいます。
赤の他人だからわかってくれないんじゃなくて
中には、血の繋がった親族・家族でも
わかってくれない人もいます。


そういう時はショックでしょうし
悔しいでしょうし


自分を責めるか、わかってくれない人を恨むか
しそうになるかも知れませんが


それは避けたいですよね。



(c) .foto project




皆さん、もう知っているはず。
ネガはネガを呼ぶだけ。
引き寄せるだけ。


それではどうとらえればいいのでしょう?
どう変換すればいいでしょう?


私が思うには、その人のこと

波動が違うのだ

と思って割り切るのがいい
と思います。


そう、波動です。
ここで、お馴染みのおさらいしてみましょうか。


引き寄せの法則によると


同じ、または似た波動のもの、人、出来事が
引き寄せられる



↑ これがどの時代においても、
どの国、街においても、共通の仕組みでしたよね。


もっとわかりやすい表現として
数々の本に書かれているのは

要は

類は友を呼ぶ ということだと。


何事においてもそうなんですね。
類は友を、常に呼ぶのです。


どんなに近しい関係の相手でも
中には、根本的に思想の違う人がいます。


あなたの波動と
その人の波動は違う のです。


だから、交わることはないんです。
同じ人間なんだから、わかりあえるはず
と思いたいのはよくわかります。


でも
これも学びなのでしょうか。


波動そのものが違えば
仕方ないこと。


波動はいつまでも同じとは限らないから
いつかは
わかり合える日も来るかも知れないけど
少なくとも今はしょうがないのです。


しょうがないのね、ジャンジャンで
終わるわけにもいかないですよね。


でも
波動が違う相手に対しても
普通に接することはできる 
と思うんですね。


ここが大人としての
腕の見せ所です。


おはようございます とか
ありがとうございます とかは
言えますよね。


わかってくれない人だから、波動が違う人だから
ツーンと横向いてしまう必要もないですよね。


わかってくれない人の方から
攻撃してくる場合はまた別です。


なるべく関わらないように
応戦しないようにするほうが賢明だと思います。


でもそうでないなら、
最低限の挨拶や軽い会話はしておいて


心の中で
波動が違うから仕方ないんだ 
思っていればいいんじゃないでしょうか。


わかってもらえないと嫌だと
固執することだけはやめましょ。
身体にも心にも悪いから。


自分の心身に優しくなりましょ。
あなたは幸せになるために生まれてきたのだから。



気にいってくれたら
ポチっとお願いいたします(*^^)v
   

人気ブログランキングへ


関連記事

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)