嫉妬心をみとめる



こんにちは。

今日も少しだけお話に
おつきあいください。


今日は嫉妬心について
考えてみました。


こんな経験ありませんか?


○ 親しい友人がすごく素敵な人と出会い
結婚することになったが自分には相手がいない。

○ 昔、冴えない人だなあと思っていた人が
社会的にも経済的にも大成功を収めてることを知った。



こういう時、あなたはどういう反応を
したでしょうか?


最初の例だったら、たぶん友人を祝福したでしょう。
こんなことを言って。


おめでとう! 良かったね。
幸せになってね。


2番目の例ではどうでしょう。
その人に偶然会ったあなたはこんなことを
言ったかも知れませんね。


聞いたよ、大成功したんだって? すごいねえ。
これからもがんばって。 応援してるからね。




(c) .foto project




で、ここからが本題なんですが、
それらは本心でしょうか?


想像ですが、部分的にはもちろん本心から
出た言葉だとは思いますが、
100%そうではないですよね。


中には、めちゃ人格者で心から喜んであげられる人も
いると思います。
でも一般的にはどうでしょう?


本心の中の一部はこう言ってませんか?


私は一人だっていうのに先に幸せになるんだ?
しかも素敵な相手と。
悔しい、正直憎たらしい。


2番めについても


学生時代はあんな目立たない人だったのに
信じられないよね。
なんか悔しいな、知らなきゃよかったかも。


これを読んで、ずいぶんひどい人だと
思いますか?
自分は違うと思いますか?

それとも・・・

結構、近い線いってると思いますか?


私も正直なところ、かなり思い当たります。
特に若い時は尚更でしたね。


全部が全部、嫉妬してるわけではないけれど、
心の奥を勇気を出してのぞいてみると、
どこか 嫉妬している 自分がいるんですね。


これは意外と大切なことなのでは
と思うんですよね。


自分の心を知る。
こわいけど見てみる。
分析してみる。



正体がばれて辛いかも知れないけど、
少しでも前に進むためにぜひ
のぞいてみてください。


そして、認めちゃうんです。


あ、私 嫉妬してるんだ
あの時 嫉妬してたんだ



嫉妬心を持つことは
恥ずかしいことでしょうか?
醜いことでしょうか?


もちろん、ないに越したことはないけれど
感じてしまうものはしょうがないんじゃないでしょうか。


大切なのは

自分の中にある嫉妬心もちゃんと認めてあげる

その上で、


対外的には、本心じゃないとしても温かい対応をする


これって嘘を奨励してるんじゃない?と
思うかも知れませんが


 とも違うと思います。


人の心は複雑でいろんな部分を持っています。
嫉妬もしますが、一方で相手を思いやる部分も
存在しているはずです。


小さな子供だったら露骨に


くやしいから、あの子嫌~い
なんて爆弾発言するかも知れないけど
私達 大人ですから。


幸い、口に出さない分には人に知られないので
嫉妬心も 自分でこっそり処理できますね。


あってもしょうがない嫉妬心。
ただし、大人げなく見せないように気をつけようね。



気にいってくれたら
ポチっとお願いいたします(*^^)v
   

人気ブログランキングへ



関連記事

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)