ホントは自信がない?



今日もちょこっとお話をします。
よかったら、聞いていってくださいね。


ずっと昔のこと、
同級生でかわいらしい外見の子がいました。


一見、おとなしそうに見えたのですが、
だんだん強気になってきて
自慢をするようになってきました。


確かにかわいいのですが
いかにもてるかとか、家も裕福で大切に育てられてる
とか、いろいろ言うようになってきました。


事実かも知れないけれど、そこまで自分で言われると
いい気持ちしませんよね。


その子は特殊なのかなと思っていたのですが
そうでもなかったようです。


社会人になってからも出会いました。
自分で自分がすごいという話をする人達に。


この人達の心理状態はどうなって
いるのでしょうか?




(c) .foto project




専門家でもないし、はっきりしたことは
わかりません。


でもなんとなく感じるのは、
ホントのホントは逆なんじゃないかな?
ってことです。


つまり、自信家のように見えますが、
ホントは自信がないから、自分を大きく見せようとして
自ら言ってるのではないかな?ということです。


そうだとしたら、憎めないっていうかむしろ
かわいそうってことになりますよね。


これまで、社会的にも立派な人達で
決して自慢しない人達にも会ってきました。


腰が低くてよく頭を下げる。
だけどしていることは誰もがおお~!と
感心するようなことばかりなんです。


そういう人はいい意味で自分に自信があるのだと
思うんですよね。


自らを大きく見せる必要ないし、
そんなことしたいとも思わないのでしょう。


多分、あなたは自慢する人ではないと
思います。


ただ、不快な自慢をする人に会ったことは
あるんじゃないでしょうか。
また、これからも会う可能性はありますよね。


そういう時の対処法を考えてみました。
状況や立場によって違いますが、
簡単に言うと

受け流す

ということです。
これをおすすめします。


その場その場で適当に相槌打ってもいいし
忙しいことを理由に立ち去ってもいいです。
まともに相手をするのはやめましょう。


私も昔は若かったから、
執拗な自慢話にうんざりし、その日一日中
不愉快だったなんてことももありました。


でもそれって、自分がバカだったなと思うんです。
自分の受け止め方を変えればよかったんです。


ホントは自信がなくて、
ねえ、認めてよ、認めてよ としつこくアピールしてくる、
そんな幼い魂の人達に腹を立てる必要ありますかね?


あともう一つは、
自分ではしないように気をつけるというのもあります。


ほらほら、引き寄せの法則ですよ。
いつの間にか影響を受けて、
自分でも同じことやっちゃってたら最悪じゃないですか。


そっちじゃなくて
理想的な方を向きましょう。


謙虚で威張らず、頭を下げることのできる人。
そういう人を意識し尊敬し、自分でもそうしましょう。


偉そうなことを言ってしまってすみませんが、
そう心がけているうち、まわりにいる人も自分も
心穏やかになってくると思います。


引き寄せの法則は当然、人間関係においても
作用します。



一緒にいて楽しくなるような人間関係を
引き寄せていきましょう、ぜひ。



気にいってくれたら
ポチっとお願いいたします(*^^)v
   

人気ブログランキングへ



関連記事

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)