誰でも優しい人になり得る



こんにちは。
今日もなんとか時間を作って

ヒーリング・エッセイお送りします。
楽しんでいただけると嬉しいです。


私は最近とみに思うのですが、

誰でも優しい人になり得る

のではないかと。


たとえば大きらいなAさんという人が
いるとしますよね。


Aさんは自己中で思いやりのない人に
見えるとします。


実際、嫌な思いを何度も何度もさせられて、
ほんとに嫌なヤツ~!と思ってるとします。




(c) .foto project




でも多分、本人は自分のことを
嫌な人間とは思ってないでしょう。


むしろいい人間だと思ってるかも知れません。
そして、


ある時は、道に迷った人を助けたり
腰の曲がったおばあさんの手を引いてあげたり
いいことをしてるかも知れません。


あなたは 

Aさんの嫌な部分だけ
見てるのかも知れません。



また、以前は優しかったのに、
手のひら返したように冷たくなったという人
いませんか?


たとえば、あなたが結婚することがわかり
嫉妬心が芽生えて、冷たくなったとか。


このように、
人の言動は年中、変化します。


ある程度は、誰でもそうだと思うんです。
マザー・テレサさんのような方は
また別かも知れませんが・・・


優しい人にもなり得るし
残酷な人にもなり得る。


人もそう、自分もそう。


ということから考えれば、
人の見方、少し寛大になれるかも
知れませんよね。


ただ、あきらかに危害を加えられる相手には
用心することも必要かと思います。


近づかないで済むなら近づかない。
つきあわないで済むならつきあわない。
自分の安全を第一優先にしましょ。


そこまでいかない、ちょっと嫌だな程度の人なら、

この人ももちろん、優しい人になり得るんだ
という目で見てあげてはいかがでしょうか?


そう思いながらつきあっていると、
不思議と ほんとに優しいところを発見できる
かも知れません。


嫌なところを発見するより、
優しいところを発見する方が楽しいし、
気持ちいいですよね。



気分がよくなる方向に
自分自身を持っていく努力、
まあ無理しない程度にやってみませんか。



気にいってくれたら
応援お願いいたします(*^^)v
   ↓
人気ブログランキングへ


関連記事

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)