AC(アダルトチルドレン)で悩んできた私が、自分なりに導きだした 癒しの言葉(ヒーリング・エッセイ+ヒーリング・ポエム) お役に立てるかわかりませんが、心を込めて一生懸命書くことを誓います
誰のせい?
2017年06月25日 (日) | 編集 |


今日は珍しく2回目の更新を
したいと思います。


今回はポエムじゃない形でお送りします。


早速、始めますね。


人は何かあると、また現状に不満があると
すぐ


誰のせいだろう?
何のせいだろう?



と考えてしまいます。
原因(悪者)を見つけたがるのです。
なぜ、そうするのでしょう?


たぶん、悪者を決めてしまえば
心が楽になると思い込んでるのでしょう。


でも実際はどうかというと、

誰かのせいだ と考えると
恨みがましい気持ちでいっぱいになって
ネガが心にいっぱい広がってしまいます。


また(ACによくあるのですが)、

全部、自分のせいなんだ と考えると
みじめで自己嫌悪感でいっぱいになって
ネガだらけになってしまいます




(c) .foto project



悪者捜しの方じゃなくて
逆の場合はどうでしょう?


つまり、今度は


誰のおかげだろう?
何のおかげだろう?


と考えてみるんです。

これ、なかなかしないものなんですけど
試しに考えてみましょうか。


誰々のおかげで仕事が見つかった
誰々のおかげで少し元気になった
何々のおかげでなんとか成し遂げられた
何々のおかげで、今の自分がある



誰のせい じゃなくて 誰のおかげのほうを考えると
一気にポジ変換できますよね。


でももちろん、こっちのほうが難しいと思うんです。

自然に考えてしまうのは

誰のせい 何のせい の 方だから。


なので、これも練習でしょうね。


誰のせいでこんな目に・・・と考えてる自分に気づいたら、

あっ、そうだ、こっちを考えてると
よけい嫌な気持ちになるんだったな

と自分に教えてあげましょう。


そして、気分よくなる方を選んで考え直しを
してみましょう。


誰々のおかげ
何々のおかげ


↑ 短い時間でもいいから、とりあえずこっちに
シフトしてみてください。


そんな簡単なことじゃないかも知れないけど
言葉には絶大な力がある ということを

ぜひ、知っておいてください。

心のホワイトボードにメモしておいてくださいね。





気にいってくれたら
ぼちっとおねがいします(*^^)v
   ↓
人気ブログランキングへ




関連記事

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック