AC(アダルトチルドレン)で悩んできた私が、自分なりに導きだした 癒しの言葉(ヒーリング・エッセイ+ヒーリング・ポエム) お役に立てるかわかりませんが、心を込めて一生懸命書くことを誓います
世界一幸せなおばあさん (幸せになれるオリジナル小説)
2010年04月13日 (火) | 編集 |
世界一幸せなおばあさん


ある老人ホームの日当たりのいいバルコニーに、取材を受けてお話ししている、穏やかなおばあさんがいました。

なんでも、そのおばあさんは『世界一幸せなおばあさん』といわれているそうなんです。

こっそり、おばあさんのお話を聞いてみましょう。


------------------------------------------------------------


まず私の少女時代からお話した方がいいかも知れませんね。 物心ついたときから、私には親がいなかったんですよ。 気がつくと、私は祖父母に育てられてたんです。

小さな頃はね、親がいないことでいじめられたこともあるんですよ。 ある日、いじめられて泣きながら帰ってきた私は、ついに祖母にいじめられた理由を言ってしまいました。

すると祖母は穏やかにこう言ったんです。

「泣く事はなにもないのよ。 あなたは世界一幸せな女の子なんだから」

「どうして私が? もしそうながら、なぜ私にはお父さんもお母さんも兄弟もいないの?」

すると祖母は私の顔をじっと見て、こう言いました。

「親がいなくても、あなたには私たちがいるでしょう。 私はね、こう見えても幸せのコツを知ってるおばあちゃんなのよ。 だから世界一幸せなおばあちゃんなの。 そんなおばあちゃんに育てられてるあなたは、世界一幸せな女の子に決まってるじゃない」

なんだかキツネにつままれたような? 私はさらに祖母に聞きました。

「幸せのコツを知ってるなら私にも教えて。 お願い!」

祖母はにっこり微笑むと、こう答えたんですよ。

「教えるのは簡単だけど、一番いい方法があるよ。 それはね、これから大きくなるまでずっと、私のやり方を見ていくこと。 観察していくことよ」

その日から、私は祖母を観察し続けました。 どんな風に考えどんな風に話し、どんな風に行動するのか。

そうすると・・・

だんだん、祖母のやり方がわかってきたんです。

えっ あなたも知りたいって? まあ、そう急がなくていいですよ。 だんだんわかりますから。

中高生の頃、私はのんびりしてるように見えたのか、時々きつい性格の友達から、いじわるされたりしてたんです。 でもね、だいじょうぶでしたよ、祖母を観察してきて学んだから。

まず、私は決していじわるな子たちを憎みませんでした。 心の中でも、ひどい言葉を発しませんでした。 

なぜ?

私が究極のお人よしだったからってわけじゃありません。 言葉にはね、力があるからです。 ひどい言葉を発せば、ひどい言葉がブーメランのように返ってくるからです。

自分のところにですよ。 相手がどんなに悪くても関係ありません。 誰でもない、自分のところに返ってきちゃうんですよ。

ではどうしたらいいか。

私は祖母の方法を取りました。

どんなに悪魔のような行動をしても本質は愛。 愛をしばし忘れてしまっている気の毒な人たち。 だから祈りました。

いじわるをされればされるほど、愛を思い出すことができますようにって祈りました。 

それだけです。 祈ったらそれで私の役割は終了。 あとはその人が愛を取り戻せても、取り戻せなくても、その人次第ということになります。

不思議なんですけどねぇ、人を憎むじゃないですか。 それって自分を憎むのと同じことなんですよね。 

そうそう、もっと駆け足で先に進みましょうか。

私は20歳の時、ある男性と恋に落ちましてね。 そして身ごもったんです。 結婚の約束をしていました。 ところが、男性がほかの女性と逃げちゃったんですよ。

この時ばかりは泣きましたね。 この頃はまだ祖母が生きていました。 かなり、よぼよぼでしたけどね。 祖母にこのことを知らせるのはとても辛かったですよ。

ところが祖母はにっこりしてこう言ったんです。

「だいじょうぶ。 あなたは世界一幸せな母親になるわ」

そうしてね、本当にそうなったんです。 

幸い、ある知人が店をやっていまして、子どもを育てながら働けるように計らってくれたんです。 ね、私って本当に幸せでしょう!

ところが店員たちにヤキモチ焼かれましてねえ、随分 いじめられましたよ。 でもね、かわいそうな人たちなの。 いじわるしてるときって、すごく人相が悪くなるのよ。 

鏡を差し出したらわかるかな?

前にも言ったように、いじめられるたび、私は祈りました。 愛を取り戻せますように!ってね。 やったことはそれだけよ。 他にエネルギーを使う必要はないもの。

ところでね、私のかわいい坊やのことなんだけど、障害があったんですね。 普通の学校には行けなかったんですよ。

でもね!

私は世界一幸せな母親だったんです。 祖母も言ってましたしねえ。

この子はとびっきりの天使だったんです。 親ばかといわれても構わない、だって本当のことだから。 

私の坊やは誰よりも澄んだ瞳を持ち、誰よりも美しい笑顔の持ち主でした。 とうとう、たどたどしいしゃべり方しかできなかったけれど、心がきれいだったから、いつも天使の顔をしてたのよ。

私を毎日癒してくれた。 こんな親孝行っていないでしょう?

本当に幸せでしたよ。

坊やは成人する直前に、天へと帰っていきました。 

本当いうと、今度こそ落ち込んでしまって。 これから何を支えに生きていけばいいのだろうって。 その時が一番時間かかりましたよ。

でもね、私とことん幸福なのね!

祖母の言葉が思い出されたんです。 「あなたは世界一幸せ・・・」そう、祖母が嘘をいうはずないんですもの。

今まで辛かったこと、結局いいことに繋がった。 それって私が世界一幸せだからじゃないかしら? そう思ったんですね。

坊やは天にいます。 いなくなったわけじゃなくて、天にいるんです。 神様と一緒だから寂しくないの。

私もいずれは天に行きます。 久々に会うとうれしさが増すでしょう? 今から楽しみですよ。

私はね、世界一幸せなおばあさんです。

老人ホームに入って訪ねてくる人もいないのにって? とんでもない! 

ちょうどあなたたち取材の方々のように、こんな私に興味を示してくれる人たちが現われてね。 不思議と次々いらっしゃるんです。

私の話をしてほしいって。

こんな話、おもしろくもないのにね。

私が話すと喜んでくれるの。 感謝してくれるんです。 喜んでもらえる。 感謝してもらえる。 こんな幸せなことはないんですよ。

私には口があり話すことができる。 皆さんには耳があり話を聞くことができる。 幸せですね。

私の歳? いくつに見えますか? もうじき95歳よ。 若く見えるでしょう!

長生きですねって? もちろん!

だって私は、世界一幸せなおばあさんですもの。

今日は私のお話、聞きに来てくれてありがとう。 


~おしまい~



読んでくれてありがとう。 他のお話も読みたいという方は、こちらもどうぞ!

関連記事

コメント
この記事へのコメント
まさか最後が・・・
おばあちゃんって、その娘さんのおばあちゃんだけかと思っていたら、

娘さんも、素敵なおばあちゃんですね。
ほんと、どんな逆境にも幸せを見つけられる素敵なおばあちゃんですね。
今、たくさんの事に恵まれていることに、改めて感謝、感謝でした♪

ありがとうございました。応援のクリックしていきます♪
2010/01/30(土) 03:37:00 | URL | 人生の苦悩を見つめ脱出するブログ@上田 #-[ 編集]
人生の苦悩を見つけ脱出するブログ上田さんへ
おはようございます。

詩に比べて長いのに、最後まで読んでくださりありがとうございます。
おばあちゃんになったとき、私は幸せだなぁと思える人になりたいと思い
このお話をつくりました。
応援もありがとう。 とっても助かります♪
2010/01/30(土) 08:46:37 | URL | シャイドリーマーより 人生の苦悩を見つけ脱出するブログ上田さんへ #-[ 編集]
しんどいときにこそ感謝の気持ちを、相手をおもいやることをわすれないように。


これが自分が幸せになる近道だなと思います。なかなかできませんけどまだまだ修行がたりませんね
2010/01/30(土) 15:45:24 | URL | りえ #-[ 編集]
りえさんへ
こんにちは。

今日もステキな感想をありがとうございます。
辛い時はいっぱいいっぱいで、人のことどころじゃないし。
私も実際にはなかなかできないのですが、幸せのコツだと思って書いてみました♪
むずかしいけど、できるよう心がけたいものですね。

りえさん、ぜひいい週末をお過ごしくださいネ。
2010/01/30(土) 16:49:58 | URL | シャイドリーマーより りえさんへ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック