癒しの言葉  ゆーっくりでいいからね

ACとして悩んできた私が、自分なりに導きだした 癒し・幸せのコツなど。「引き寄せの法則」も取り入れながら、わかりやすい形でお送りします。

Entries

欠乏症の犬(幸せになれるオリジナル小説)

欠乏症の犬


今年6歳になる陸(りく)は幼稚園の年長さんです。 ずーっと前からほしくてほしくてたまらなかった、かわいい子犬が先月、お家にやって来ました。 

陸はうれしくてたまりません。 ただ問題がひとつ。 お母さんです。 お母さんは動物が苦手なのです。 子供の頃から一度も飼ったことないし、さわるのも苦手なんですって。 

それでも陸の熱意に根負けし、ついに子犬を飼わせてくれることになったのです。 

子犬の名前は陸がつけました。 海(うみ)といいます。 小型犬ミックス(雑種)のオスで、愛くるしい犬です。

ところが~、ここのところ、海の元気がなくなってきました。 ご飯もあんまり食べないんです。 陸は心配でなりません。

ついにお母さんとふたりで、海を動物病院に連れていくことにしました。



動物病院の先生は30代くらい、やせてメガネをかけています。 海は診察台に乗せられて怯えています。 

一通り診察が終わると先生がひとこと。

「この子は欠乏症ですね。 必要なものが足りてないんです」

陸にはそんなむずかしい言葉はわかりません。 そこでお母さんがかわりに受け答えをしました。

「先生、欠乏症って何が不足してるんでしょうか?」

「ええと、まずはどんな風に海ちゃんに接しているか、教えてくださいますか?」

「ペットを飼うのは初めてなもんですから、本を買ってきまして、その通りにやってます。 普通に餌をやったり、散歩に連れてったり。 本に書いてあることはちゃんとやってます」

「坊やがいらっしゃらないとき、海ちゃんに話しかけてますか?」

「えっ? だって犬ですよ。 話しかけたって言葉がわかるわけないし。 それと病気と何か関係があるんですか?」


陸は先生とお母さんの会話をじいっと聞いていました。 内容はよくわからないけど、とにかく海を助けたかったのです。

先生は静かに説明を始めました。

「海ちゃんは、”愛の欠乏症”なのです。 最近のワンちゃんに多い病気です。 お薬では治りませんが、ご家族が一致団結すれば、カンタンに治る病気なんですよ」

お母さんはしばらく、ポカンとしてました。 そしてやっと口を開きました。

「愛の欠乏症? そんな病気があるんですか? 一体どうすれば治るんですか?」

「それはですね、一日に何度でもいいので、というか多い方がいいんですが、愛を与えるんです・・・きっと坊やの方がわかるんじゃないかな。 坊や、”愛をあげる”ってわかるかい?」

すると陸は

「わかるよ!」

と、即答しました。 そして、診察台に乗せられた海をいきなり、ぎゅーっと抱きしめました。 抱きしめただけでなく、海の体を優しく、優しく、撫で始めました。


「よくできたね。 そう、それが愛を与えるってことだね。 お母さん、わかりましたでしょうか。 息子さんと同じこと、海ちゃんにもやってあげてくれませんか。 そうしたら、海ちゃんはすぐに元気になりますよ」

「はぁ・・・」

お母さんはキツネにつままれたような顔をしています。 とにかく、お薬も出ませんでしたので、ふたりは海を連れて家に帰って来ました。


翌日、陸が幼稚園に行っているとき。 お母さんはふと、海の顔をのぞいてみました。 なんだか人間の子のような表情をしています。 何か言いたげです。 さびしそうです。

「そうだ、愛を与えよう、陸がやったみたいに」

お母さんは苦手感を少しガマンして、海をぎゅーっと抱きしめてみました。 やわらかくて温かくて、それはなんともいえず、いい感触でした。

海はうれしそうにじっとしていました。 そして少し尻尾を振り出しました。 

かわいい! 犬でもかわいいんだわ。 赤ちゃんみたい。 お母さんはそう思いました。 


その日以来、お母さんは陸のいないときでも、海をたくさんかわいがるようになりました。 抱きしめたり撫でたり、またひんぱんに話しかけるようにもなりました。

海の病気はどうなったかって? そう、ご想像通りです。 たちまち元気になり、ご飯もたくさん食べるようになりました。

もうじき夏休みです。 一家は、海も連れて、家族で旅行しようと計画しています。

ところで・・・愛の欠乏症は、人間でもかかるそうです。 だけどね、お薬なしでも治せますよ。 愛をたっぷり与えましょう。 そしたらすぐに治りますからね。


~おしまい~


読んでくれてありがとう。 他のお話も読みたいという方は、こちらもどうぞ!


関連記事

*Comment

 

いいお話でした! 触れ合いって、言葉は通じなくてもわかり合えるのかもしれませんね。
  • posted by ユカリ 
  • URL 
  • 2009.08/12 00:09分 
  • [Edit]

 

こんばんは!

やはり動物はとても敏感ですね。
愛情。。。
大人になると色んなことを感じる事でも、
子供は素直なんですね。
愛情いっぱい注いで・・・。

その点では、
人間も動物も一緒ですね。
必要不可欠の感情の1つですね・・。
愛情・愛情・愛情。。。

私は今日から実家へ帰ります。
久しぶりに、のんびりしてきます!!

でも、
シャイさんところには
顔はだしまぁす(*^▽^*)
  • posted by sugar salt 
  • URL 
  • 2009.08/12 00:39分 
  • [Edit]

ユカリさんへ 

こんにちは。

そうなんですよね、言葉+スキンシップが
一番わかりあえるんじゃないかなと思って
作ってみました♪
  • posted by シャイドリーマーより ユカリさんへ 
  • URL 
  • 2009.08/12 09:13分 
  • [Edit]

sugar saltさんへ 

またまたこんにちは。

動物と子ども、どちらも素直ですよね。
愛を注ぐと、その分 愛し返してくれる。
そんなところがありますね。

今日からご実家ですか。
ゆっくり甘えてきてくださいね~。
  • posted by シャイドリーマーより sugar saltさんへ 
  • URL 
  • 2009.08/12 09:18分 
  • [Edit]

 

シャイさんこんばんは♪
いいお話ですね!
うちにもネコがいるのでわかります。
誰もいない時間が長いととりあえず甘えて来るんです。
別にいつも誰かが甘甘してるわけじゃないんですけど。
ところで、実はネコより私のほうが欠乏症なのではないかと思ったりしてます。
なんか…なんとなく…ね。
  • posted by 紫桜 凛 
  • URL 
  • 2009.08/13 00:33分 
  • [Edit]

紫桜 凛さんへ 

こんにちは。

ネコちゃんも甘えてくるのですね。
私はワンちゃんしか飼ったことないんですが、ネコちゃんも
かわいらしいですね。 
凛さんが欠乏症? だいじょうぶ、まわりを見渡したらきっと
愛に満ちてますよ。 お子さんはママを愛してるはず、ね。
  • posted by シャイドリーマーより 紫桜 凛さんへ 
  • URL 
  • 2009.08/13 10:25分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

今日の訪問者数

月別アーカイブ

このブログに投票☆

プロフィール

シャイドリーマー

Author:シャイドリーマー

東京都○区に住んでいるAC(アダルトチルドレン)

好きな事・興味ある事:

引き寄せの法則 /潜在意識/アファメーション/スピリチュアル/心理学/読書/英語/海外/アート/音楽/手抜き料理/カラーセラピー 

よろしくお願いします

※ 当ブログは リンクフリー です。 

著作権は放棄していません。 無断転載・無断転用はご遠慮ください

FC2ブログへようこそ!

メールフォーム
(お問い合わせ)

*こちらをクリックすると
メールフォームが出てきます

クリック募金

クリックで救える命がある。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

QRコード

QR