FC2ブログ

ゆっくりブログ (AC癒しのメッセージ)

アダルトチルドレン(AC)として悩んできた私、ときどき鬱症状が出てしまう私が思う 癒し・幸せについて。オリジナルの言葉で発信していきます

ゴミおじさんの人生論(幸せになれるオリジナル小説)

ゴミおじさんの人生論


郊外のとあるマンション。 そこにゴミおじさんと呼ばれる60代の男性が住んでいた。 

マンションの前はゴミだらけ。 道行く心ない人たちや近所の柄の悪い子ども達が、平気でゴミを捨てていく。

ゴミおじさんは誰に頼まれるわけでもなく、朝、夕、マンション前を掃除していた。 ゴミをていねいに拾い、拾った後はホウキで掃いてきれいにするのだ。 

だがおじさんがいくらきれいにしても、ゴミが減ることはない。 捨てていく人が絶えないからだ。


ある日の夕方、ゴミおじさんが掃除をしていると、同じマンションに住む10代の少年ユウヤと、その仲間達が現われた。 生意気盛りの彼らは、近所でも評判の悪い子たちだった。 

リーダー格のユウヤが、ゴミおじさんの作業をじゃまするかのように立ちはだかった。 そしてこういった。

「よう、おっさん。 かっこつけてるんじゃねぇよ。 そんなにいい人と思われたいのかよ」

ゴミおじさんは答えた。

「自分が楽しいからやってるだけだよ」



それから数日後。 ユウヤがひとりで学校から帰ってきたときのこと。 夕方だった。 

また、おじさんがマンションの前を掃除していた。 この間は友達の前で強がっていたユウヤ。 本当は罪悪感を感じていたのだ。 でもまだ素直になれなかった。

「お、きみか。 元気かい?」

今度はおじさんの方から話しかけてきた。

「別に。 ってかさ、なんだっていつもそんなことしてるわけ?」

こないだよりトーンダウンしたユウヤがこうたずねると、おじさんは手を止めて答えた。

「楽しいからだよ」

ユウヤの父親は単身赴任中でめったに帰ってこない。 ユウヤはもう長い間、大人の男の人とゆっくり話したことがなかった。

「マジに言ってんの?」

「ああ、ゴミはね、正直なんだ。 片づければ素直に動いてくれる」

ユウヤには意味がわからなかった。 それでも、もっとこの話を聞いていたい気になった。 そこで、もっとゴミの話をしてほしいと思わず懇願してしまった。

おじさんは話し始めた。

「たくさんあるゴミが、少しずつ順々になくなっていくのは気持ちがいいもんだよ」

「でも片づけてるそばから、捨てていく人がいるじゃないか。 無駄だよ。 こんなんじゃ一生きれいにならないよ」

とユウヤ。 

おじさんはそばの植え込みの枠に腰掛けた。 コンクリートになっており、座るのにちょうどいい高さだったのだ。 気づくと、ユウヤも隣に座っていた。


人生にはゴミがつきものだ。 このゴミが片づいたと思ったら、今度は別のゴミが出てくる。 切りがない。 だけどね、それでもこれは無駄じゃないんだ

「人生のゴミはすごく多いように見えるけど、次から次へ出てくるように見えるけど、実はそうじゃないんだよ」

人生のゴミはね、自分で片づけられる範囲のゴミなんだ

「次々出てくるゴミ、これをきれいにするには方法は一つしかない。 地道にやっていくことだ。 いつの日か、ゴミは少しずつ減ってくる。 わからないくらい少しずつだけどね」

「いつの日か、ゴミは片づく。 とてもいいもんだよ。 きれいになっていく様子を見るのは、気持ちのいいもんだよ」

ゴミを片づけるのも、だんだん楽しくなってくる。 人生と同じさ


元来、ユウヤは頭の回転の早い子だった。 彼は思った。

「オレの人生はゴミだらけで、あきらめるしかないと思ってた。 でも、地道に片づけていけば、いつかいいことあるかも知れない」


その日を境に、ゴミおじさんには強力な仲間ができた。 

人々は、赤の他人同士である年齢の離れた二人が、いつも楽しそうに談笑しながら、マンション前を掃除している姿を目にするようになった。



・・・十年後。 

不思議な縁で、海外で働くことになったユウヤ。 苦しいこともたくさんあるけれど、毎日が充実している。 ユウヤは今でも、ゴミおじさんの言葉を思い出す。

ー人生のゴミは、自分でコツコツ片づけていくしかない。 でもそれも、いいもんだよ・・・ 人生って思ったより、いいもんだよ。


~おしまい~


読んでくれてありがとう。 他のお話も読みたいという方は、こちらもどうぞ!

関連記事