霜柱の思い出


むかしよく

霜柱を見つけたっけ


サクサク踏んで

遊んでたっけ


お菓子と遊びに

夢中だった


幼き頃の

無垢な日々


明日を憂う

ことなどなくて


画用紙いっぱい

夢描いてたっけ


むかしよく

霜柱を見つけたっけ


サクサク サクサク

サクサク サクサク


小さな音が

うれしかったっけ



関連記事

Comment

二度目の採用、ありがとうございます!そうそう、あの感じなのよ!舗装された道では味わえない感覚…好きだったなあ。思い出させてくれてありがとうございます。
七子さんへ

こんばんは!
すばらしいお題を提供してくださって
ありがとうございます。
おかげでアップできました。
そういわれてみれば・・・
舗装されてない道にしか
ないんですよね。 だから最近
見ないんだ。 今更納得です。
無垢で純真な子共の頃の思い出ですね、
寒さなんて、感じなかったですね。
競って踏んでた霜柱、校庭にはありそうですね。
あんなに、楽しいこと、奪いたくないですね。
  • 2008/12/03 22:49
  • 赤めんどり
  • URL
  • Edit
音が聞こえてきそうですね。
そろそろそういう時期がくるんですね。

子供のころは自然が遊び相手で
不思議で、楽しくて、純粋な心だったと思います(*^^)v
  • 2008/12/04 00:25
  • momi
  • URL
赤めんどりさんへ

こんばんは!
そういえば寒さ確かに感じませんでした。
雪が降っても、雪だるま作るのに夢中で
寒いと思わなかったような・・・
子どもってすごいですね。
思い出させてくれて、ありがとうございます!
momiさんへ

こんばんは momiさん。

>子供のころは自然が遊び相手で
不思議で、楽しくて、純粋な心だったと思います(*^^)v

ほんとほんと。 まさにそうでしたね。
いろいろ思い出すと楽しいですね。
純粋な心にもう一度 もどりたいな♪
シャイドリーマーさん、こんにちは。

僕も小さい頃は意味もないのに
霜柱を踏んで遊んでいました。
サクサクッて感触が
なぜだか気持ち良いんですよね(笑)

最近霜柱踏んでないなぁ。
シャイさんの詩を読んでちょっぴりノスタルジーな気持ちに
なってしまうおーるっちであった。
おーるっちさんへ

こんばんは!
おーるっちさん なんてタイミングのいい方。
今そちらに遊びに行ってましたよ~。
そうですか、おーるっちさんも
サクサクしてましたか。
ノスタルジックな気分になってくださって
ありがとう~。 それが狙いでしたので(笑)
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)