誰にも言えないこと



今日もお話をしますので
よかったら、読んでみてくださいね。


今日のタイトルなんですけど
ずばり聞きますね。


誰にも言えないことありますか?


意識的、無意識的にかかわらず
私は、ほとんどの人にあると思うんです。
誰にも言えないこと が。


昔、ある知人で知人友人の数がすごく
多い人がいました。


スケジュール帳の予定はぎっしり詰まってて
毎日、今日は誰々とどこへ行く、何をするという感じで
本人も楽しそうでした。


でも、ふと
寂しそうな表情をする時があるんです。


お酒を飲んでる時ってつい本音を言ったり
しますよね。


ある時ちらっと、悩みをもらしかけた時があって
ほんとはそうだったんだ~と思った時がありました。




(c) .foto project




その人の場合、お酒の席で言ったことで
酔っていたので、
自分の言ったことも覚えてないみたいでした。


つまり、基本的には、その話は
誰にも言えないこと だったわけです。


隣の芝生は青く見えます。


たとえば、お金もあって仕事も成功していて、
家庭も円満で外見もよくて親切で・・・という人が
いるとします。


完璧に見えるけど、羨ましいけど、


その人の裏の裏まで、全部
知ってるわけじゃないですよね。


誰にも言えない悩み
その人だってきっとあるでしょう。


私にもあります。 あるから推測できるんです。
あなたにも、あの人にもこの人にも、小さな子供にも
あるかも知れません。


所詮は私達、人間です。
人格的に、少しの差はあると思いますが
大差はないと思います。


これからも、誰にも言えないことを抱えて
私達は生きていくんですね。


心の引き出しに閉まっておいて、
時々無意識に取り出して辛くなるけど、
誰にも言わない、言えない。


それでも、切り替えて、切り替えて、努力して
私達は生きていくんですね。



それでいいですね。
傷を持った私達だからこそ、他人の痛みもわかるんですね。


誰にも言えないこと は、悪でも病でもなく、
私達に大切なことを教えてくれる、生きた教材。


そんな簡単に割り切れないでしょうが、
せめて、自分だけじゃないんだ、とか
そういうの、あってもいいんだ


と思いながら、
いつもお決まりのセリフになりますが
ぼちぼち、ゆっくり 歩いていきましょうね。



気にいってくれたら
ぼちっとおねがいします(*^^)v
   ↓
人気ブログランキングへ


しょうがない時もある



今日はヒーリング・エッセイの形でお送りします。
どうぞ、よろしくお願いします。


先日(前の前の記事にて)、どうしようもない時もあるなんてことを
書きましたら、あれを書いてすぐほんとにシャレにならないことが
起きてしまったんです。


具体的にはお教えできませんが、私の中ではかなり(いや、相当)
落ち込むことでした。


それで、こういう時はどうしたらいいのか?という実験
リアルにできてしまったんです。

皮肉ですけどね。


偶然なのか必然なのか、約一日後、解決というわけじゃないけど
ちょっとしたことが起き、少し楽になれました。


それでですね、何がどうなってという説明までは
できないのですが、


自分が すっごく落ち込んだ時、どんな風にしたか
記憶が生々しいうちに、お伝えしようと思います。




(c) .foto project




元々、楽天的な人や精神的に強い人は
具合が悪くなるほどは落ち込まないものなのかも
知れません。


でも私は落ち込むんです。
なので、あなたが同じようなタイプという
仮定で書きますね。


結局私はまず、寝込んじゃったんです。
(お恥ずかしいですが)


でも寝込んでるわけにはいかない環境なので
少し寝込んで、すごく嫌だったけど動き出しました。


動き出したけど、いつもと同じわけにはいかず。
最低限のことだけしました。


そして、もう最終的にはこう結論づけて
しまいました。


しょうがないよ


この一言ですね。
だってしょうがないんですもん、ほんとに。


こんなに辛いんだから、いつものようにできなくても
しょうがない


前向きな言葉を使いたいけど、こんな状態だから
ネガ・ワードを連発しても、しょうがない



そう、しょうがないのです。
開き直るしかないのです。


そして私は、これはいい意味での開き直りだと
思いました。


しょうがないと開き直ることで、
自分をゆるしてあげられるからです。


自分に甘くする
自分をみとめてあげる
自分をゆるしてあげる



↑これらのことは、自分を大事にしてあげることに
つながりますよね。


自分を大事にできなければ、何も始まらない、
引き寄せもへったくれもないと思うのです。


機能すべきものを機能させるには、
まず、じぶんに優しくならないと。


もう一つは、
開き直ることでいったんゼロに戻れる
んじゃないかとも思います。


前向きになれる時はなれる時、
なれない時はなれない時、ですよね。


ということで、開き直ることが一つの方法
というのも変ですが、ほんとに一理ありなので
よかったら、試してみてください(もしもの時は)



気にいってくれたら
ぼちっとおねがいします(*^^)v
   ↓
人気ブログランキングへ


公式と人間らしさと



こんにちは。
ちょっと言い方変えてみたんですけど、これからは


文章系は ヒーリング・エッセイ
ポエムは ヒーリング・ポエム



と呼ぶことにしましたので、よろしくお願いします。


さて、今日もしばしの間、お話におつきあいください。


何度も繰り返し(しつこく)、引き寄せの法則について
話してきました。


結局のところ、これは効き目あるのでしょうか?


効き目は確かにあると思いますし、実際に
引き寄せた~!と実感したこともあります。


でも、本当の本当に、どうしようもなく落ち込んでる時は
引き寄せの法則 やってみよ♪ なんて気持ちには
ならないですよね。


引き寄せの法則 って
数学の公式のようなものだと思うんですね。


当てはめれば、ちゃんと答えが出るのだから
便利なツールです。


でもここに落とし穴があります。
私達、みんな人間だってことです。


人間は複雑です。
感情というものがあるから。
心というものがあるから。


ロボットだったら、どんな状況でも公式を
使って問題を解くことができるでしょう。


ですが人間の場合は、もうどうしようもないほど
絶望的な時もあるんですね。




(c) .foto project




そういう時はもう待つしかないんですね。
嵐が過ぎ去るのを、つらいけど待つしかないんです。
しんど過ぎる時に無理するのは危険です。


では、絶望的なままでずっといるのか?という疑問が
沸くと思いますが、あくまで個人的な考えですみません。
私は、嵐は去る と思っています。


完全に去るまでには時間かかるかも知れません。
でもね、不思議なことに中盤になってくると、
ほんのちょっとだけ光がさす ことがあるんです。


そうしたらいよいよ、引き寄せの法則を使って
問題を解いていきましょう。


くれぐれも、絶望的な時にむやみに突っ走ったり、
思い詰めて、変なことをしないようにしてくださいね。
それはほんとにお願いします。


辛さのあまり、公式が使えなくなるのは
人間らしさ のせいだと思うんです。
ロボットじゃないから、しょうがないんですよ。


ロボットとしてではなく、人間として生まれたあなた。


耐えがたい辛さも、少しずつ、少しずつ癒えてくること、
ただ信じていましょう。


便利な公式を使える日はちゃんと来るから、
そしたら大いに使おうではないですか。


あせらなくても大丈夫。


どんな状態のあなたも、心の奥底には
幸せになるんだ 
って決意が残っているはず!


だから大丈夫です!


気にいってくれたら
ぼちっとおねがいします(*^^)v
   ↓
人気ブログランキングへ

ポジティブ・アレルギーの方へ



今日はポジティブ・アレルギーの方に向けて
お話ししてみたいと思います。


どうぞよろしくお願いします。


そもそも、ポジティブ・アレルギーって何でしょうか?
私が勝手に名付けました、すみません。


ポジティブに思考しよう
ポジティブに生きよう



なんて言われると、なんとな~く嫌な感じがする。
ポジティブという言葉に抵抗感がある。


そんな人を仮に
ポジティブ・アレルギーと呼ぶことにします。


実は私もその一人かも知れないんです。
このブログの主旨に反するように見えるかも知れないけど、
ほんとのテーマは「癒し」ですし。


なんかね、ポジティブってまるで無理やり元気出そうと
してるみたいな、無理に頑張れっていわれてるみたいな気に
なるんですよね。




(c) .foto project




そこで私も含め、ポジティブ・アレルギーの方に
こんな方法を提案してみたいと思います。


いっそ、この言葉使うのやめてですね、
もっと抵抗感のない言葉を代わりに使いましょう
という提案です。


私は即座に思いついたのは
 という言葉です。


ポジティブになるんじゃなくて
楽になりましょう というのはどうでしょう。


心が楽ちんになったら、どんなにいいでしょう。
具合の悪いところもふっ飛ぶかも知れませんよね。


真面目であればあるほど
がんばっちゃいます。


がんばりすぎて自滅・・・なんて
損じゃないですか?


もう、ポジティブに惑わされる必要ないんです。
 でいいんです、 で。


怠けてるみたい?
いいじゃないですか、心身が必要としてるんだから。


わたしは楽に生きる! 
と決めてみませんか?

わたしは楽に生きるのが好き! 
と宣言してみませんか?


言葉の使い方を工夫するだけで、ずいぶん違うと思います。
抵抗感のある言葉を使っても、ストレスになって逆効果。


だから、自分の気分が良くなる言葉を
ピックアップして使いましょう。


ただ、ポジティブ・アレルギーじゃない人、
ポジティブという言葉に抵抗のない人は
ぜひ、ポジティブに生きてください。


どちらでも、自分に合った方でって
ことですね。


すこ~し 楽になったかな?
まあ、あせらずゆっくり、楽ちんに、ですね。


一緒にぼちぼち、歩いていきましょう~ !(^^)!



気にいってくれたら
ぼちっとおねがいします(*^^)v
   ↓
人気ブログランキングへ


誰のせい?



今日は珍しく2回目の更新を
したいと思います。


今回はポエムじゃない形でお送りします。


早速、始めますね。


人は何かあると、また現状に不満があると
すぐ


誰のせいだろう?
何のせいだろう?



と考えてしまいます。
原因(悪者)を見つけたがるのです。
なぜ、そうするのでしょう?


たぶん、悪者を決めてしまえば
心が楽になると思い込んでるのでしょう。


でも実際はどうかというと、

誰かのせいだ と考えると
恨みがましい気持ちでいっぱいになって
ネガが心にいっぱい広がってしまいます。


また(ACによくあるのですが)、

全部、自分のせいなんだ と考えると
みじめで自己嫌悪感でいっぱいになって
ネガだらけになってしまいます




(c) .foto project



悪者捜しの方じゃなくて
逆の場合はどうでしょう?


つまり、今度は


誰のおかげだろう?
何のおかげだろう?


と考えてみるんです。

これ、なかなかしないものなんですけど
試しに考えてみましょうか。


誰々のおかげで仕事が見つかった
誰々のおかげで少し元気になった
何々のおかげでなんとか成し遂げられた
何々のおかげで、今の自分がある



誰のせい じゃなくて 誰のおかげのほうを考えると
一気にポジ変換できますよね。


でももちろん、こっちのほうが難しいと思うんです。

自然に考えてしまうのは

誰のせい 何のせい の 方だから。


なので、これも練習でしょうね。


誰のせいでこんな目に・・・と考えてる自分に気づいたら、

あっ、そうだ、こっちを考えてると
よけい嫌な気持ちになるんだったな

と自分に教えてあげましょう。


そして、気分よくなる方を選んで考え直しを
してみましょう。


誰々のおかげ
何々のおかげ


↑ 短い時間でもいいから、とりあえずこっちに
シフトしてみてください。


そんな簡単なことじゃないかも知れないけど
言葉には絶大な力がある ということを

ぜひ、知っておいてください。

心のホワイトボードにメモしておいてくださいね。





気にいってくれたら
ぼちっとおねがいします(*^^)v
   ↓
人気ブログランキングへ