人生は数学じゃない 



人生は
数学じゃないから
答えはひとつじゃないよ 

人生は
国語じゃないから
堅苦しくなくてもいいんだよ

人生は
科学じゃないから
立証する必要ないんだよ

人生は
マイペースでいい

人生は
迷いながらでいい

人生は
努力したり

でも
楽もしてみたり

そう
あなたが今
していること

そんな感じで
そのままでいい





(c) .foto project





光の存在の物語 



むかし、むかし
誰もが
光の存在でした

もちろん
あなたもそうでした

光の存在は
体という重りを持たず

憎しみも持たず
執着心も持たず

不安も持たず
自惚れもコンプレックスも持たず

ただただ
愛だけの存在でした

平和でした
どこを見渡しても
平和でした

光の存在は
好奇心のかたまり

あるとき
決心をしました
冒険してみたくなったんです

「食べること」
「眠ること」
「呼吸すること」を
経験してみたくなりました

「肉体を使って動くこと」
「感情を実感すること」
「自分と違うあらゆるものに出会うこと」を
経験してみたくなりました

「笑うこと」
「泣くこと」を
経験してみたくなりました

「悩むこと」
「苦しむこと」さえ
経験してみたくなりました

光の存在は
知っていました

悩んでも
苦しんでも
やがては愛に変わることを

光の存在は
わかっていました

人生は意外と
フレキシブルで

人生は遠慮なく
楽しんでいいんだってことを

光の存在は
理解していました

できるよ!ってことを
だいじょうぶだよ!ってことを

知っていたけど
実際に経験してみたかった

肉体の重りをつけて
経験してみたかったんです

だから自分で
重りを選びました

そして光の存在としての記憶を
捨て去り

飛び立ちました
人として生きる世界に
飛び立ちました

たぶんあなたは
気づいているでしょう

誰もが
光の存在だったことを

たぶんあなたは
思い出せるでしょう

誰もがやがて
帰っていくことを

むかし、むかし
誰もが
光の存在でした

もちろん
あなたも、わたしも
そうでした





(c) .foto project


し あ わ せ ボタン 



あなたの中には
ボタンがあるんだ

その名も
しあわせボタンって
いうんだよ

ふだんは見えないから
気づきにくいけど

誰でもちゃんと
あるんだよ

ボタンを
押すか押さないかは
その人次第

気づいても
押さない人もいるし

気づかないで
一生を終わっちゃう人もいる

もったいないよね
ちゃんとあるのに

しあわせボタンは
何度でも押せる

押したらね
過去のしあわせも
蘇ってくるのね

現在のしあわせも
じわじわっと
実感できるのね

未来のしあわせも
引き寄せることができるのね

信じないで
せせら笑う人もいる

しあわせボタンじゃなくて
違うボタンを押しちゃう人もいる

残念だよね
有効なボタンなのに

コツはただ
信じて押すこと




(c) .foto project





ストレスとともに生きている



わたしたちは
ストレスとともに
生きている

わたしたちは
トラウマとともに
生きている

わたしたちは
プレッシャーとともに
生きている

それでも
気分転換でひと息つけるし

それでも
考え方を工夫できるし

それでも
幸せをたっぷり
感じることができる

人間って
たくましいね

生きている限り
共存しなくちゃならないけど
だいじょうぶさ

今日も
堂々と

ストレスとともに
生きていこうよ





(c) .foto project