FC2ブログ

ふたりぼっちのクリスマス(幸せになれるオリジナル小説)

ふたりぼっちのクリスマス


その国では、クリスマスには家族と過ごすのが習慣でした。  クリスマス休暇直前のある日のこと。 パン職人見習いの少年が途方に暮れてため息をついていました。 少年には家族が一人もいなかったのです。 

少年はその街で一番有名なパン職人に弟子入りしていました。 そしてその家の屋根裏部屋に下宿させてもらっていました。 もうここに勤めて3年になります。 去年までは、クリスマスになると唯一の身寄りである叔母の家に身を寄せていたのですが、今年は少々事情が違います。

未亡人だった叔母は、夏に再婚したのです。 夏に訪れた少年に対して、叔母は今までとは違う冷たい態度で接してきました。 それとなく、クリスマスには来ないでほしいといわれたのです。 というわけで今年のクリスマス、少年はひとりぼっちで過ごすことになってしまったのです。

パン職人のおかみさんは優しい人でした。 少年は思い切って、今年はこのまま、屋根裏部屋に置いてほしいといおうとしたのですが、その前におかみさんがこんなことをいってきたのです。

「今年も叔母様のところに行くのでしょう? 私たちは南の国へ旅行に行ってしまうけれどだいじょうぶよね?」

なんと旅行に行ってしまうというのです。 少年は気を使うあまり、心にもないことをいってしまいました。

「はい、だいじょうぶです。 叔母が今年も絶対来てくれっていうものですから!」

おかみさんはにっこり微笑んで、少年に包みを渡しました。

「がんばってくれたから、ほんのボーナスがわりにどうぞ。 叔母さんたちと何かおいしいものでも食べてちょうだい」

部屋に戻って包みをあけると、びっくりするほどのお金が入っていました。 ああ、これなら一週間、どこか安い宿に泊まれる。 どうにかしのげるな。 少年は少しほっとしたのでした。

クリスマス・イブの朝。 少年はパン職人の家を出て街を歩いていました。 公園の近くまでくると、おいしそうなコーヒーの香りがしてきました。 時々、スタンドでコーヒーを売っているのです。

一杯のコーヒーを買った少年は、公園の中に入っていきベンチに腰掛けました。 自分の座っているところの横に包みを置いて、熱いコーヒーをすすっていると・・・何者かが現われたのです。

汚い布を頭巾のようにかぶった女性でした。 その女性はさっと手をのばし、少年の包みを取ってしまったのです。 どろぼうです!

「待て!」

少年はどろぼうを追いかけました。 相手は女性です。 体力のある少年はほんのわずかの間に、その女性のどろぼうを捕まえてしまいました。

少年は乱暴にどろぼうの腕をつかみました。

「離して、おねがい。 返すから」

その表情を見た少年ははっとしました。 女性といっても、よく見るとまだまだ幼さの残る顔。 少年とたいして歳の変わらない少女です。 彼女の顔は泥で薄汚れており、本当の顔がよくわからないほどでした。

「なんでこんなことするんだ」

少年は少しトーンを落として、少女に話しかけました。 すると少女は身の上話を始めました。 

少女には親も兄弟もなく、親戚に引き取られて暮らしていました。 叔父は優しかったのですが、ヤキモチを焼いた叔母に追い出されてしまったというのです。 

おりしもクリスマス・シーズン。 仕事を求めてさまよい歩きましたが、雇ってくれる店などありません。 三日もの間、少女は家も食べる物もお金もなく、公園にいるしかなかったのです。 

少年はその薄汚れた少女の顔をのぞきこみました。 嘘は言ってない。 直感的にそう思いました。 少女の目は碧く、瞳の奥は澄んでいました。

かわいそうに・・・ 少年はとっさにその包みを、少女に押しつけるように渡しました。

「あげるよ。 全部持っておいき」

ところが少女はその包みを押し返してきたのです。

「これはきっと、あなたが稼いで手にしたお金なんでしょう。 わたし、どうかしてました。 ごめんなさい。 あなたのお金をもらうことなどできません」

そして、少女はそのきれいな目から、透明の涙をポタポタと落としました。

と、ここで。

この続き、あなたはどうなったと思いますか? ハッピーエンドがお好きなあなたに、こんな締めくくりを用意してみました。 もう少しだけおつきあいください。

お互いを見つめ合った二人。 二人はその瞬間、恋に落ちてしまったのです。 


夜になりました。 若い二人は、なかよく並んで夜の街を歩いていました。 冬の寒さも気になりません。 

空にはキラキラお星さま。 その横でちっちゃな天使さまたちが二人を祝福してくれています。

明日はクリスマス。 

ふたりぼっちの、ホワイトクリスマスになりそうです。



~おしまい~


読んでくれてありがとう。 他のお話も読みたいという方は、こちらもどうぞ!

Happy Xmas (War Is Over) (訳詞)

さぁ クリスマスだね

今年のきみはどうだった?

一年が過ぎ

新しい年が始まる

さぁ クリスマス

楽しめるといいね

身近な人も 大好きな人も

お年よりも 若者も

メリー クリスマス

そしてハッピーな新年を

なんの恐れもない

いい年になりますように


さぁ クリスマスが来たね

弱い者にとっても 強い者にとっても

お金持ちにも 貧しい人たちにも

この世は間違いだらけ

そして今 ハッピーなクリスマス

黒人にとっても 白人にとっても

黄色い肌の人にも 赤い肌の人にも

争いなんかやめようよ

メリー クリスマス

そしてハッピーな新年を

なんの恐れもない

いい年になりますように


戦争は終わる

望みさえすれば、戦争は終わるのさ





クリスマス企画ということで、今日は ジョン・レノンのこの曲を訳してみましたー。 そのまんまだと不自然になりますので、意訳になってます。 

ジョン・レノンらしい、社会や世界平和に目を向けた歌詞が特徴的ですね。



羨ましがりやの さっちゃん(幸せになれるオリジナル小説)

羨ましがりやの さっちゃん


ある町に、人一倍羨ましがりやの女の子が住んでいました。 その女の子、さっちゃんはいつも誰かを羨ましがっていました。

いいな。 〇〇ちゃんはいいな。 うらやましいなぁ! これが口ぐせ。 そのたびにお母さんに

「人は人、さっちゃんはさっちゃんでしょ。 羨ましがってたってどうにもならないでしょう」

と諭されていたのですが、効き目はまるでなし。 さっちゃんには、まわりの友達のほとんどが、自分よりしあわせに見えてしまうのです。




特に、同じクラスのレナちゃん。 この子はさっちゃんがもっとも羨ましがる女の子のひとり。 なぜなら、レナちゃんのお家はものすごく大きくて、きれいだからです。

レナちゃんのお父さんは、どこか大きな会社の社長さんで、お母さんもモデルさんみたいにきれいな人。 レナちゃんはなんでも好きなもの買ってもらえて、かわいい服を着ていて、いつも幸せそうな顔をしています。

さっちゃんはそんなレナちゃんが、羨ましくて仕方ないのでした。




もう一人、羨ましくてたまらない子がいます。 児童館で知り合った、隣町の女の子のトモちゃんです。 トモちゃんは、レナちゃんのようなお金持ちの子ではなさそうですが、色白でとてもかわいい顔をしているのです。

だから男の子に人気があります。 また、いつもニコニコして明るいので、女の子たちにも好かれています。 つまり、誰からも好かれているのです。




ある日のこと。 その日のさっちゃんは一人で留守番をしていました。 もう4年生なので、留守番くらいはできるんですね。 うるさいお母さんがいなくて、さっちゃんは羽を伸ばしてゆっくりしていました。

ひとりでお気に入りのアニメを見ようと、DVDの再生ボタンを押すと・・・

なんと見知らぬ男が画面いっぱいに現れたではありませんか。 驚くさっちゃんに、間髪を入れず、その男は一方的に話し始めました。

「羨ましがりやの さっちゃん、こんにちは。 これから、あなただけに取っておきの映像をお見せします。 お友達のヒミツ映像です。 一回しかお見せできないので、よく見ててくださいね」




そう言ったかと思うと、男は消え、そのかわり見覚えのある顔が映し出されました。 それは・・・
さっちゃんが誰よりも羨ましいと思っていたレナちゃんでした。

どうやら、レナちゃんのお家の中が隠し撮りされているようです。 いいのかな? こんなの見ちゃって。 そう思いながらも、さっちゃんは食い入るように画面を見つめてしまいました。

よく見ると、レナちゃんはしくしく泣いていました。 そのそばで大人たちの怒鳴り声がしています。 カメラが引いていくと、今度はその大人たちが映し出されました。

レナちゃんのお父さんとお母さんでした。 お金持ちで上品そうなレナちゃんの両親が、顔を真っ赤にして怒鳴りあっています。 ケンカしているのです。

と、レナちゃんの声が聞こえました。

「いつもケンカばっかり。 レナ、こんなお家、もうイヤだ!」

さっちゃんは唖然としました。 レナちゃんはお金持ちの子で、いつもほしいもの買ってもらえて、海外旅行にも連れてってもらえて、いい服いっぱい持っていて・・・

いいことだらけだと思っていたのに。 いつもお父さんとお母さんがケンカしてたの? あんな風に怒鳴りあってたの?



・・・と、今度は別の映像が映し出されました。 今度は、児童館の人気者、トモちゃんです。 学校のお友達じゃないので、トモちゃんのことはよく知らなかったのですが、どうやら映っているのはトモちゃんとお母さんのようです。

トモちゃんはお母さんに薬をもらって、飲むところでした。 トモちゃんの顔はいつも以上に白く、とても弱々しそうに見えます。

お母さんが何か言っています。 トモちゃんに言い聞かせているようです。

「トモちゃん、今日は児童館は無理ね。 またよくなったらにしましょう。 去年のように入院になったら大変だからね。 お薬飲んで寝てましょう」

するとトモちゃんは

「学校では、みんなわたしの病気のこと知ってるけど、児童館では誰も知らないの。 あそこに行くと元気で明るい子になった気がして、とっても楽しいのになぁ」

「病気 治るのかな。 みんなみたいに元気になれる日が来るのかなあ」

さっちゃんが驚いたのはいうまでもありません。 病気のこと、全然知らなかったのです。 てっきり、トモちゃんは幸せで元気な子だとばかり、思っていたのでした。



その日以来、さっちゃんは、羨ましがりやの汚名を返上して、友達のことをむやみに羨ましがらなくなりました。  すると不思議なもので、自分自身のことが少し好きになってきたのです。

わたしだって、まあまあ幸せ、ううん、まあまあじゃなくて、とっても幸せとさっちゃんは思っています。

 
さっちゃんはもはや羨ましがりませんが、そのかわり、別の習慣が身につきました。 それは、こんな習慣です。 寝る前に、さっちゃんは手を合わせます。 そして、こう呟きます。



今日もぶじに過ごせました。 ありがとうございます。 わたしとわたしの家族が明日も幸せでいられますように」

「レナちゃんのお父さんとお母さんがケンカしなくなりますように。 レナちゃんが泣かなくてすむようになりますように」

「トモちゃんの病気が治りますように。 元気になって児童館に来れるようになりますように」

「よくばりなお願いですみませんが、できれば世界中の人たちがみーんな幸せになれますように」

「大好きな、やさしい神様、よろしくおねがいします!」



~おしまい~


読んでくれてありがとう。 他のお話も読みたいという方は、こちらもどうぞ!

ママがサンタにキスをした (訳詞)

夕べクリスマス飾りの下で

ママがサンタにキスしてたよ

僕はこっそり降りてきて見てたのさ

ママは知らないけどね

僕はとっくに寝てるだろうって

ママは思ってたのさ


それでね

サンタの真っ白なお髭を

ママがくすぐってたよ

パパが見てたら

どんなにおもしろいだろうね

夕べ僕は見ちゃったんだよ

ママがサンタにキスするのをね




もうすぐクリスマス。 ということで、今回はクリスマス・ソングの訳詞にチャレンジしてみました。 曲を聴けばきっと、どなたもご存知の定番。 とってもかわいらしい歌ですよね。 とりあえず一番だけの訳ですがご了承を。 また、少し意訳になってますので、その点もご理解を。

Jackson 5の名曲の一つですが、なんといっても魅力は、幼いながらもボーカルの完成度が高い、マイケル・ジャクソンの歌声ですね。 伸びやかな高音が心地いいです。



100分の1の理解者 

100人がわかってくれなくても

1人はわかってくれるかもしれない

100人が鼻で笑っても

1人は褒めてくれるかもしれない

100人が口汚くののしっても

1人は優しく肩を抱いてくれるかもしれない

1人の理解者に感謝の花束を贈ろう

さぁ 一人の理解者に感謝の花束を贈ろう 





GO TOP