海と公園


汽笛の音を聞きながら

芝生前のベンチに腰掛け

ぼんやり海を見ていたよ


アイスクリームをなめながら

観覧船の行き来を見つめ

のんびり海を見ていたよ


少し太陽眩しいね

潮風やっぱり気持ちいいね

あとで通りを散歩しようか


海に面した公園の

静かな午後のものがたり

バジル


バジルの香りを嗅いでいたら

スーッと何かが見えてきたよ

遠い何かが見えてきたよ


青い空に輝く太陽

下に広がるバジル畑


老婆がひとり篭を持って

バジル摘みをしているよ


そよ風にもてあそばれて

香りはかなたまで舞っていく


ああ!

おばあさんがふり向く前に

わたしは”今”に戻らなきゃ


バジルの香りを嗅いでいたら

不思議な景色が見えてきたよ

遠く切ない景色だったよ

ダイヤモンド


大丈夫 あなたの心は

ダイヤモンドでできているから

誰も中まで入れない

傷つけることなどできやしない


ほんとだよ あなたの心は

ダイヤモンドでできているから

見かけよりずっと丈夫

気品に満ちて美しい


忘れないで あなたの心は

ダイヤモンドでできているから

決して光を失わない

いつまでも輝きつづける

始まりの詩


始まりはいつも

ちょっぴり怖い


始まりはいつも

ちょっぴり恥ずかしい


それでも人は

始まりが好き


それでも人は

新しいことを始める


始まりはいつも

不安と一緒に

スタートするけど


始まりはいつも

充実という名の

ご褒美をくれる

東京


東京は

ごちゃまぜの街


現代と昔ながらと

山の手と下町と


賑やかと寂しさと

カラフルとモノトーンと


現実と幻想と

輝きと暗闇と


今日もあなたは

東京を歩く


今日も東京は

あなたを受け入れる