FC2ブログ

今の心の状態は 


こんばんは。

夜の更新です。 少し久々になりましたかね。

本当はシンプルなメッセージを
お届けしたかったんですが、

いまいち、まとまらなくて。

それでどうってことない、だらだら系の文を
お届けしています。

なんで、まとまらないのか?というと

今の心の状態がいいとは言えないから です。

少々混乱してて、また不安感が出てきて、
簡単にいうと、軽鬱 状態が続いているからです。

原因・理由はわかっていますが、
ここで言える理由と、言えない理由があるので

言える理由だけ言います。

うちはハンデがあることもあり、
やっぱりアレが怖いんです。

そう新型さんですね。

私は、今年1月に武漢のニュースが出た頃から
本能的に警戒してました。

春節にわんさか中国から観光客が来る、
政府は気にせず、どんどん入れちゃう

ということから、
非常に恐れていました。

中国人の方がどうのと言ってるんじゃなくて
(現に、昔は中国人の友達も何人もいましたし)

政府のことですね。
なんでこういう時に入れるのかということで
心配していました。

が、

まわりの人は
だいじょうぶでしょう~

日本で広がったり
しないでしょう~

という楽天的な方が大半でした。

2月になると、皆さんお忘れかも知れないけど
ダイヤモンド・プリンセス事件?が
ありましたよね。

その時も、まわりはさして心配してなくて
だいじょうぶでしょう~
クルーズ船だけでしょう~

という感じでしたが、
私はとーっても心配してました。


で、

今はこういうことになっちゃたんですね。

自分がすごく若くて、すごく丈夫で
ハンデのある家族もいなければ、

今でも、

もっと能天気だったかも知れませんけど。

そうじゃないのと、
もともと用心深い性格なのと

ACやHSPで心配しやすい
というのもありますし、

とにかく

あれから、ずっと
何か月も、もう一年近く
懸念し続け、疲れ果てちゃいましたよ。

最大限に感染予防を
続けていて、
それも、もういい加減疲れました~!

人間、そんなに長く
気を張ってられないですよね。

というわけで、

今の心の状態がぐちゃぐちゃしていて、
なかなかメッセージをお送りできず、
すみません。

まあ、ウイルスのことは
落ちてる理由の一つに過ぎず、
実はもっとありますけど、

他の理由については
今ここで言えなくてすみません です。

でも、何度も何度も
やめようと思ったこのブログ、
もうちょっと続けたいので、

一応 がんばって更新してみました。

今、メッセージ的に言えることが
あるとすれば、

お互い、無理しない程度に
身体に気をつけて
なんとか、なんとか乗り切っていきましょうね


ということと、

長年、もしくは一度でも二度でも
読んでくださっている方々に
心から感謝しています。

お陰で
ブログを削除する というボタンを押さずに
なんとか来れています


ということの2点です。


本日も、読んでくださり
  ありがとうございました。



写真素材 pro.foto


いつも感謝しております、ありがとうございます。
ランキングにも参加してます。 よかったら・・・      


怖い人が怖いんです


こんにちは。

よかったら、お話を聞いてください。

私、怖い人が、とっても怖いんです !

怖い人と私が思っているのは、
どんな人か?

具体的に説明しますね。


☆ 攻撃的な人
☆ ずけずけ言う人
☆ けんか腰な人
☆ 命令口調の人
☆ 大きな声で怒鳴る人
☆ すごいスピードでキレる人
☆ ヒステリックな人



ざっとこんな感じの人が
私にとっての怖い人です。


たとえば、
思い出したくもないんですが、

昔の学校の先生って
怒鳴るタイプがわりと多かったですよね
(手を出す人も多かったですね)

私は
言うことを聞く子だったので、逃れられたけど、

そうでない子などが
怒鳴られていたりするのを見ているだけで

怖くて、怖くて、
逃げ出したいのを我慢してました。


それから、クラスメートなどで

「私は嘘がキライだから、思ったこと全部言っちゃうの」
という子が、数は少ないけど、少しいて

「あんた ほんとーに○〇だね!」

などと言ってきたりすると、
言い返しはしないけど、
本心はめちゃくちゃ傷ついてました。

同時に、その子に対して
憎しみも感じていました。

悲しいかな、態度には出せなかったです。
たぶん、私が弱虫すぎたんだろうと思いますが。

とにかく、
私はずっと、ずっと
怖い人が怖かったです。

今もです。

本人は悪気はないんでしょうけど、
そういう人は大抵、自分が正しいと思ってます。

むしろ、
正直な自分を好きだったりします。

だから絶対
改めません。

ということは、

ずっと怖い人であり続ける
ということになります。


ここから先は、書きにくいことなんですが、
ある程度言わないと話にならないので

ぼかして言いますと、

物心ついた頃から、
そういう人が家にいました。

怒鳴る、キレる、ヒステリーを起こす
タイプの 女性 が。

いつもいつも、
心が傷ついていました。

しかも傷ついてることにさえ、
当時は気づけませんでした。

慣れて強くなってもいいはずなのに、

逆にとても敏感になってしまって、
そのままずっと

怖い人が怖いままです。


もう一つ心当たりがあります。

セルフチェックで調べたら、
どうやら私は HSPらしいので、

そのせいで、やたら
怖がりなのだという可能性もあるにはあります。


「怖い性格の人」が
「悪い性格の人」というわけではないと思いますし、

いろんな人がいるのが当たり前だし、
いていいはずだけど、


一つだけいいですか。

怖い人が、怖いことを言ったりやったりしたとき、

確実に

傷ついてる人がいる ことを

わかって欲しいと思っています。


私は今、
大変といえば大変な環境で暮らしてはいますが、

幸いなことに、
怖い人には出会わなくなりました。

むしろ、
穏やかな人の方がまわりには
多い気がします。

ありがたいことです。

でも、

(嫌だけど)怖い人がいたのも、
学びだったんでしょう。

学べたかも知れないけど、
私には刺激が強すぎました。

克服はできなかったです。
というか、克服する必要もない気がします。

怖いものは怖いんですよ と
開き直って

生きていこうと思っています。


あなたはいかがですか?

同じような人がいたら、
超・親近感 わきますね!



今日も読んでくださり、
   ありがとうございました。

次回はもっと短い、シンプルな形で
お送りしたいと思います。

それでは。

お身体に気をつけて
お過ごしになってくださいね。



写真素材 pro.foto


ランキングに参加中です。よかったら・・・      


鬱と私と、鬱と私


こんにちは。

ちょっとだけ思いついたことを
書いてみたいと思います。

もしうっとうしくなかったら
しばらく、おつきあいください。

私は言い訳するわけでも
恨みつらみを言いたいわけでもないんですが

時々、どうしても鬱になってしまうという
特徴があります。

それを振り返ってみますね。

20代半ばまでは、鬱になったことはないと
自分で思っていました。

なぜなら、年中悩むわりには
いつも食欲があるし、
好きなことには夢中になれるので、
鬱とは関係ないと思っていました。

ちなみにACと気づいても
いませんでした。
(家が息苦しい、気が抜けない、くつろげない
というのはずっと感じていましたが)

20代半ば、海外から帰ってきたら
体調がおかしくなり、鬱になっていました。
(身体の方は調べたけど異常なしでした)

それで初めて、
鬱病になったんだと思いました。

それからの歴史はあまりに長いので
はしょります。

とにもかくにも、
家では 鬱になってはいけない 環境だったので
それが何より辛かったです。

ということもあって、よくまあ長い間、
鬱状態でありながら、生きていたなと思います。

結婚してからは、鬱とは無縁で
暮らしていましたが、

まあ、いろいろあって・・・

言えないこともあって
(夫婦のことじゃなく実家とか、まあAC的なことも
あって)

で、また鬱になって、

この年齢になってしまいましたが、
今は

申し上げた通り、
やっぱり時々鬱になる という感じです。

他の人の場合はどうなのかな。
わからないけど、私の場合はこんな感じです。

でもあまりにも書けない深い事情があるので
いい説明にはなってないですね。

ごめんなさい。

これからも、鬱とつきあいながら
だましだまし、生きていこうと思っています。

なってる時は、めちゃ苦しいです。
今も完全に明けてないので、少し苦しいし
思考能力が低下したままです。

それでも、
なんか聞いてほしいなと思って、
また更新しちゃいました。

すみません。

はっきり言うと、幼少時のことが大きいとは
思いますが、だからといって、
皆、そういう人が鬱になるわけではないし

私が弱いだけなんですよ。

でも弱くてもいいです。

これが私なので、受け止めます。

イマイチなブログしか書けない、
これも はい 私です。

皆さんが読んでくださることが
励みになっているので、
こりずに読んでくれると嬉しいです。

ありがとうございました。




写真素材 pro.foto



よかったら応援お願いしますね。

幸せはどこから来るのでしょう?


こんにちは。 

10月ももうすぐ終わりなのに、
 今日はポカポカと暖かいです。

洗濯物、ばっちりベランダに
 干せましたよ。


で、今回は


幸せはどこから来るのだろう?



というテーマで考えてみたいと思います。
今更感のあるテーマですみませんが・・・!


私は、自己分析してみても、
子供の頃、若い頃は特に
くら~い ジメジメした思考を
していたと思います。


たとえば、

○ 私の体型がこうこうだったら、
  どんなに幸せだっただろう?

○ Aちゃんのような家に生まれてきてたら
  どんなに幸せだっただろう?

○ 違う学校を選んで入学してたら
  もっと幸せだったはず


などなど、切りがなく、
エンドレスにそんなことばかり
考えていました。


ほんと、暗いし建設的の正反対 ですよね。


大人になっても、けっきょく
この思考はあまり変わらなかったと
思います。


いくらでも言い訳はできます。
私の育てられ方を理由にはできます。


たしかに、
明るく、前向きに、はACにとって
難しかったと思います。


でも~ それにしても、

いい大人になってからも、
同じことをしてたんだな、と
今思えば呆れてしまいますよ~。


だって

~~してたら、幸せだったのに

ということは、

~~できなかったから、幸せじゃない

と言ってるのと同じことですもんね。


認めちゃってるんです。

幸せじゃない理由を見つけ出して、
ぐちゃぐちゃ嘆いてるってことです。


私がしてきてしまったことを続けていると、
何が起きるか?っていうと


永遠に同じ思考で
永遠に幸福感を感じられるずに
人生を歩んでいく ことになります。


プラス

同じような思考の人達をも
引き寄せてしまう というのも
あると思います。

(この話はまた別の機会に
話しますね)


幸いにも、ようやく私は思考の癖に気づき、
ちょっとずつですが、訂正していっている
ところです。


長々話してきましたが、

テーマに戻って、


幸せはどこから来るのでしょう?


賢い皆さんはおわかりと思いますが、
幸せは、決して外側から来ることは
ないんですね。

幸せは、つねに
内側から来るのだと思います。


自分自身の心 から 来るんですね。


幸せでない部分をたくさん取り出して、
ああ、やっぱり幸せじゃないんだと
再確認してたら、そのまんまですよね。


ちょっとしたことでいいから、
小さな幸せをかみしめて、
感謝していけば、


自分の心の中から
ふわっと出てくる、のではないかな
と思います。


もっと早く気づけばよかったんですが、
遅い気づきも、学びだったんでしょうね。


幸せは内側から来る


ことがわかっても、
相変わらず、悩みます。


でも
少なくとも、思考の癖を自覚できていれば、


危なっかしい思考に陥るたびに、
あっ またやっちゃった と気づくことが
できると思います。


もし、

~~だったら幸せになれるのになぁ


と、ついつい考えてることに気づいたら、
このお話を思い出してくれるとうれしいです。


ところで、ずっと短いメッセージにこだわって
ブログをやってきましたので、
いざ普通に文章を書こうとすると、
いまいち、伝えられなくてすみません。


でも書いているうち、
よくなっていくこともあると思いますので、
長い目で見ていてくださるとありがたいです。


これからも、

短いメッセージだったり
文章タイプ だったり、

その時の気分でお話ししていきますが、
どうぞ、よろしくお願いします。


読んでくださって、
 本当に 

ありがとうございました!





写真素材 pro.foto



よかったら、応援の方も
 お願いいたしますね



言葉ってすご過ぎる!


こんにちは。


今回はちょこっと
思うところがあったので
書いてみます。


最初に結論から
言いますと


言葉ってすごい! ほんとにすごい!


というお話です。


あんまりおもしろい内容じゃないけど
ぜひ伝えたいので、
いっしょうけんめい書きますね。


よろしくお願いします(ぺこり)


今日、3年ぶりにある方に会いました。


夫の訪問リハビリなんですが、
いつもお願いしていた先生が来れなくて、


代わりに別の先生が
いらっしゃいました。


30代前半の女性で
お子さんもいらっしゃる朗らかな方です。


その方が・・・


「奥さん3年前と全然変わりませんね。
若々しい~」


みたいなことを言ってくれたんですけど、


た ぶ ん お世辞 だと思いますが、
単純な私は嬉しくなっちゃいました。


コロ○のご時世で、
美容院にも行かず、
白髪も染めず、


特殊な病気を持つ夫をケアしながら、
とにかくコロ○を予防しなきゃと
ずーっと張り詰めた状態だったんですよね。

なので、

自分の中では、超老けた~ 悲しい~
思って、鏡も素通り?して、
あんまり現実の私を見ないようにしてました。


でも、今日は・・・

そ う か な ~ ?
意外と若く見えるかな~? なんて気になって

鏡を見直したりしちゃいました。


自分のくだらない話で
まずは ごめんなさい。


私は
元ACだし鬱になりやすいし
暗い方向に行ってしまいがちですが、


そんな私でも、
褒められると嬉しい んです。


なぜかというと、


言葉ってそれだけ
大きな力を持っているから



だと思います。



じっと見てるだけじゃ
励ませない。


心で思ってるだけでも
励ませない。


言葉をうまく使ってはじめて
励ませるんだと思います。


もちろん逆に
言葉は凶器にもなりますので
それは注意 ですけど。


私はなるべく、
普段から人を褒めるように
努めています。


太鼓持ちするわけじゃなくて、
気にいられようとするわけでもなくて、

わりと自然にそうなりました。


というのも、
私はACだったので、

一番褒めてほしい時に
一番褒めてほしい人に
褒められなかったので、


自分がして欲しかったことを
人にはぜひしようと思って
やっています。


でも!

気づいたんですけど、
やっぱり自分自身に対しては
全然やれてなかったなと思って。


低い評価して、結局
自分で自分をけなしてたのかな?と
改めて気づきました。


私も、私をほめてよかったんです。
お世辞でもいいから。
大げさでもいいから。


もし
私と同じような方がいたら・・・


人にはもちろんのこと、
自分に対しても、
褒めちゃってください。


だっていいところ、
いっぱいあるはずですよ。


元の話に戻りますが、


言葉って、ほんとにすごい んです。


言葉ひとつで
人を元気にできるし、
明るくできるんです。


人生いろいろ♪ ですが、
言葉の使い方をちょっと変えるだけで
ハッピーになれるなら、


こんな簡単で安上がりなことは
ないですよね。


意識的に、

気分が良くなる言葉を
どんどん使って


なるべく明るい方向に
向かっていきましょう~。


読んでくれて、

ありがとうございました。


読んでくれて、

ほんとに嬉しいです !


ではでは、
次回まで。


お互い、元気でいましょうね。




写真素材 pro.foto




よかったら、応援の方もポチっと
 よろしくお願いしま~す

   ↓



今日の訪問者数
このブログに投票

よかったら、下の方にある
「このブログに投票する」を
クリックで応援お願いします
プロフィール

Luchia

Author:Luchia

東京都某区在住、AC女性

ACを卒業できたかな?と思ったけど、もうちょっと先になりそうです

時々、鬱状態になることもあります

自己診断でわかったのですがHSPでもあるようです。

でもまぁ、あせらず、ゆっくり、少しでも楽しいことに目をむけて、やっていこうと思っています

書くことが昔から大好きで、この地味なブログを読んでくださる方々に心から感謝しています。

こんな感じの私ですが、どうぞ末永くよろしくお願いします。

現在、心が大変敏感になっているため、メールフォームは一時的に閉じることにしました。ご了承ください

あと、当ブログの著作権は放棄していません。無断転載・無断転用はご遠慮くださるようお願いいたします

FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
カテゴリ
クリック募金
クリックで救える命がある。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
QRコード
QR